年をとってからの健康維持は難しい

朝6時に部屋を出るマンションの階段を1階まで歩いて降りる往復40分かけて徒歩でラジオ体操会場へ 準備体操、ラジオ体操第一と第二、整理体操20分かけて汗をかくこんなコロナ対応の暮らしが半年以上続いた 2週間位前から左ひざの内側に違和感が出た痛みが激しくなり散歩とラジオ体操を中断 整形外科の勧めによりMRIを撮った膝の内側に骨挫傷の疑…
コメント:0

続きを読むread more

認知機能検査

「免許証更新のための認知機能検査と講習のお知らせ」が届いた 「免許証の更新期間満了日の年齢が75歳以上になる方で免許証の更新を希望される方は、更新手続き前に、認知機能検査とその検査結果に基づいた高齢者講習を受験・受講する必要があります」 最後のページに、気になる一言「運転に自信がなくなったり、家族から運転が心配と言われたら運転免許証…
コメント:0

続きを読むread more

古い万年筆が教えてくれた

引出しの中から随分前の古い万年筆が出てきたプラチナ万年筆 シープ革巻き 14Kカートリッジインクを挿したがインクが出ない 書けなくなった万年筆は、水を入れたコップに先首部を一昼夜浸した後、インクの色が出なくなるまで洗浄するようにと書いてあった 水をふき取り、半日位乾燥させて書いてみた最初はかすれていたが徐々に書けるようになった ペ…
コメント:0

続きを読むread more

気になる看板

朝の散歩道に気になる看板がある自粛要請が解除になってもそのままだ “コロナウィルス この野郎ーっ!!と、思いながらお弁当テークアウト出前をやってます“ 店のやりくりが大変な中でもユーモアを忘れない店長の顔を思い浮かべてこちらも元気が湧く 店長とコロナとの闘いはまだ暫くは続くようだ
コメント:0

続きを読むread more

早起きは三文以上の得

毎日の生活の中で変えられるものはないか考えてみた自分にとって価値があればどんな小さなことでもいい散歩時の人との接触を少なくすることにした これまでは人通りの少ない裏道を選んで散歩していたよく観察すると追い越されやすれ違いが意外と多いどうやったら人との接触を減らせるか コースは変えないで家を出るのを1時間早くした変更して2週間、接触者…
コメント:0

続きを読むread more

大相撲春場所千秋楽に思う

22日、大相撲春場所が千秋楽を迎えた新型コロナウイルスの感染拡大を受け史上初の無観客開催となった今場所 いつもはかき消される行事や呼び出しの声自分を鼓舞するために回しを叩く音静まり返った館内にひと際鋭く響き渡った 斯くして、15日間の取り組みが無事に終了したことを心より祝いたい 最後の理事長の挨拶に心打たれた 元来相撲は世の中の…
コメント:0

続きを読むread more

史上最早の桜の開花に思う

今日の都心部の午後2時の気温は2.5℃昨日に比べて何と16℃も低いおまけにみぞれ、真冬に戻ったようだった そんな中気象庁が靖国神社の標本木の開花を宣言した沖縄・奄美を除き全国で最も早く昨年より7日、平年より12日も早い都心の開花記録としては観測史上最も早いそうだ 新型コロナ感染が多くのことを負の連鎖に陥れている一日も早くこの循環を断…
コメント:0

続きを読むread more

青竹踏み

昨日、友人から青竹踏みをいただいた 入浴後早速5分位踏んでみた 足の裏が結構痛い 痛いのは内臓が悪い証拠だと言われた 今朝、散髪に行った折ご主人に聞いてみた 何十年もやっているとのこと 足の裏の両端や踵を踏むのが良いそうだ 昼食後早速やってみた 痛いのなんの、我慢できるものではない 少しずつ慣れるしかないと…
コメント:0

続きを読むread more

最適解は両極の中間にあり

私が物事を判断するときの基準にしている言葉がある。 それは、「最適解は両極の中間にあり」。ある勉強会で塾長が折に触れて口にされる言葉だ。 あらゆる事象には両極がある。両極が存在するということを意識することが大切である。 陰と陽、白と黒、昼と夜、多と少、大と小、速と遅、長と短、近と遠、左と右、前と後、裏と表、量と質、過去と未来、前方…
コメント:0

続きを読むread more

新型感染症に対応するSCPの策定

現在世界中を不安と恐怖のどん底に落とし入れている「新型コロナウイルス感染症」に関する2月29日現在の日本の状況は、感染者数942名、感染が確認されている都道府県の数23となっている。今や、日本という国をどうやって守るかという次元の極めて深刻な社会問題となっているが、種々の緊急対策が打たれているのでこの効果を見守りたい。 ご…
コメント:0

続きを読むread more

スズメたちの集団にもリーダーがいる

線路の脇の草むらに何やら動くものがいる 目を凝らして見るとスズメが5、6羽 集団で何かを啄んでいる 午後の陽射しを浴びながら勝手に動き回る しかし、直径3m位の輪の外に出ることもなく 餌らしきものを奪い合うようでもない 突然1羽が草むらの脇の池垣に飛び移った すると、他のスズメたちも一斉に移動した 不思議な光景だ…
コメント:0

続きを読むread more

人生に「題名」を付ける

電車の広告を何となく見ていたら 面白い一枚に目が止まった。 ある中学校の入試問題である。 【あなたの今までの人生に、「題名」をつける としたら何と付けますか。また、その理由を 三十字以上、四十字以内で答えなさい。】 面白半分にやってみた。 「七転び八起き」 転んだら頑張って立ち上がる。 失敗してもできる…
コメント:0

続きを読むread more

夕方の上野駅中央改札口

夕方のラッシュアワー時の上野駅中央改札口は、 出てくる人や入る人が渦巻きながら流れている。 流れに乗って動いていれば速さは感じないが、 立っていると流れの速さと圧力に流されそうになる。 待ち人を見つけて流れをかき分けて会う者同士、 流れの中で挨拶しているビジネスマン風の者同士、 子供の手を引いて強引に流れを遡る母子同…
コメント:0

続きを読むread more

親切なお巡りさん

余裕を持って出かけたのに、目的の店が見つからない。 集合時間が迫ってきた。 仕方がないので目の前の交番に飛び込んだ。 住所か地図はありますか? いいえありません。 店の名前とか目印は? ○○通りに面した、□□やです。 この先を右に曲がって最初の十字路の右手辺りかな。 お礼を言って先を急いだ。 声が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレベーターの行き先ボタンはチョンと1回押せばよい

エレベーターに乗って気になることがある。 行き先ボタンを押す回数が人によってまちまちである。 ある人はチョンと1回(これで十分)。 ある人は1回だが長押し(長押しの必要はない)。 ある人はチョンチョンチョンと複数回押す(意外と多い)。 電気的接点を導通するにはチョンと1回で十分なのに。 どうしてそれ以外の押し方をする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天空のゆりかご「中国・大秘境に生きる」 

18日夜、NHK BSプレミアムを見た。 そこは、中国の長江の上流、雲南省のオカウ村。 深さ200メートルの大峡谷の両岸を一本のゴンドラが結ぶ。 2本のワイヤーにぶら下がった籠とポンコツ・ディーゼルエンジン。 村人たちが半分、蒋さんが半分お金を出して設置した。 蒋さんは20年以上運転して、村人の暮らしを支えてきた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和の家族会の開催

今日は令和元年5月4日、令和になってあっという間に4日が過ぎた。 4月末ごろ、新元号候補が飛び交っており世の中は随分と騒々しかった。 そんな時に、女房が新元号になったら家族会をやりたいと言い出した。 女房がこんなことをいうのは珍しいことだ。 記念すべき日本国のイベントと連動して我が家の記念日を残す。 ささやかではあるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の正月の一コマです

11時ごろ長男一家到着、続いて12時ごろ次男一家到着。 我々2人、子供夫婦4人、孫3人の合計9人。 これが我が家のオールキャスト。 あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願い致します。 小生の発声に続いて全員で唱和。 いつも通りの正月の幕開け。 お年玉を配り、お神酒を頂戴し、お節料理に手を延ばす。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雪国二題

今週、米沢と富山を訪問する機会があった。寒いから厚着をするようにとか、滑り難い靴を履くようにとか、気候が変わりやすいので折り畳み傘を持参するように、等のアドバイスを戴いた。 米沢駅に着く手前の山中は、白い雪で覆われており、雪の白と木々の黒とのコントラストラストの美しさに心を奪われた。しかし、駅から工場に向かう道路には雪は無く、道路…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敬老会で思い出したふるさと

昨年の第1回に続き、今年も敬老会に出席した。 会場のあちらこちらから大きな声が聞こえてくる。 歳をとると耳が遠くなって話声も大きくなるようだ。 第1部で高学年の小学生たちが「ふるさと」を合唱した。 どんな「青き山や清き水」を思い浮かべているのだろう。 澄んだ、きれいな歌声に、会場はシーンと静まり返った。 子供の頃遊んだ「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more